ウォーキング後のクールダウンで筋肉痛を軽減させる!!

ウォーキング後のクールダウンで筋肉痛を軽減させる方法です! ウォーキングを行なった後も、軽いストレッチ や体操をすることで体のクーリングダウンを実 行しましょう。 慢性的な疲労を身体に残さないように、そして 筋肉痛を軽減していくために、ウォーキングに よって緊張した身体や筋肉をほぐしておくこと は大事なことです。 ウォーキングというのは実は、脚だけでなく、 腕や腰など全身の筋肉を使用しているのです。 <<INS1>> ですから、できれば全身のストレッチをしてお くほうがいいですね。 呼吸を整えながら、「ウォーキング前のウォー ミングアップ」の例にあるようなストレッチを ゆっくりと行います。 準備運動も含めて正しいウォーキングを行うこ とによって、ダイエットにも、それから肩凝り 解消にも効果があるのです。 ○ウォーキングでは水分補給を忘れずに行いましょう ウォーキングなどの運動で、ストレッチと合わ せてもうひとつ大切なことは、「水分補給」な のです。 少し速めの速度でウォーキングをし <<INS1>> ていると汗が出てきて、身体から水分が失われ ていくのです。 ウォーキングをしながら、15~20分くらいの間 隔で定期的に少しずつ水を飲むようにしましょ …

続きを読む

ウォーキングダイエットで効果的な歩き方

ウォーキングダイエットで効果的な歩き方の方法です!  ウォーキングを効果的なダイエットにしていく ために、まず歩く姿勢が大切です。 ウォーキングをする前の「立つ姿勢」からしっ かりとやりましょう。 基本の姿勢というのは、 <<INS1>> ○視線というのは、真っ直ぐ前を見て歩く ○あごを自然とひく ○背筋を自然と伸ばしながら、腰は常時に同じ 高さを保ちながら歩いていく この立つ姿勢をシッカリとやっていると、意外 にも通常使用していない筋肉が意識できるので す。 これがダイエットの一歩と考えましょう。 また、シッカリと立つことによって意外とエネ ルギーを使用していることも分かります。 それでは、体力保持やダイエットの目的でウォ ーキングをしているときですが、上のようにシ ッカリとした姿勢を保持しながら、背筋を意識 <<INS1>> して伸ばしながら、歩幅を普段歩くより広げて、 腕を大きく振って、腰をひねるようにしながら 早足で歩くのです。(慣れない人は、まずゆっ くりから歩いてみましょう。) ポイントとしては、 ○腰は常時、同じ高さを保ちながら歩く ○かかとから着地して、つま先で地面をけり出 すようにして歩いていく ○足を置く位置というのは、左右の…

続きを読む

ウォーキングする前のストレッチ運動

ウォーキングする前のストレッチ運動の方法です! ウォーキングを効果的に行うためにも、それと ケガをしないように、スタート時にはウォーミ ングアップや軽い体操を行うようにしましょう。 このような事前準備を行うことによって、全身 に血液が送られることによって筋肉が温まり、 また関節などが動かしやすくなるのでダイエッ <<INS1>> ト効果も高まってくるのです。 ウォーキングというのは主に腰や脚を使用する ので、脚の筋肉をほぐすストレッチやアキレス 腱を中心に行います。 時間は10分ぐらいかけて、心臓から遠い腕や足 からゆっくりウォーミングアップをしていき、 ウォーキングの準備をするのです。 ストレッチの仕方 ○首を回していく(ゆっくりと左右にまわして ください) ○膝の屈伸をする(両手を膝にあてて、足を数 回伸ばします。かかとは、シッカリと地面につ けたままにする) ○膝を回す(屈伸の姿勢でもってゆっくり数回 まわす) <<INS1>> ○開脚する (しゃがんで、片脚を伸ばしてい く。 伸ばした足のつま先はまっすぐに上を向 ける。もう一方の足も同じように) ○ふくらはぎのストレッチをする(片足を大き く前に出して、後ろの足はかかとを地面につけ …

続きを読む

ダイエットの主役はいただき!これからのダイエットはこれに限る!!楽天にゆきましょう。